ウォーターサーバーの比較

ウォーターサーバー導入のメリットとデメリット

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. ウォーターサーバー導入のメリットとデメリット
近年の健康志向の高まりから、毎日口にする「水」に気を遣う人が増えています。

そんな中で注目が集まっているのが「ウォーターサーバー」です。ご家庭や店舗、オフィスなどに設置するウォーターサーバーは水道水や市販のペットボトルと比較してどのようなメリット・デメリットがあるのかまとめてみます。

ウォーターサーバー導入のメリット

ウォーターサーバーの最大のメリットは、やはりサーバーの蛇口をひねるだけで、いつでも新鮮で安全な水やお湯を飲むことができることです。

急な来客時のお茶出しやお昼のティータイム、夜食のカップ麺、赤ちゃんのミルクづくりなど何かと重宝します。しかも電気代や水代なども意外と少なくて済みます。
その他にも以下のようなメリットがあります。

安全な水・お湯が飲める

天然水もRO水も、メーカーのろ過処理や水質検査などによって非常に安全な水であることが保証されています。サーバーの蛇口をひねるだけで、いつでも新鮮で安全なお水やお湯を飲むことができます

また、お茶やコーヒー・紅茶・お酒の水割りお湯割り・料理などに使用すればそれぞれがおいしくなり、薬やサプリメントなどの服用時やペットにも安心して利用できるほか赤ちゃんのミルクのお湯としてもすぐに使うことができます。

毎回購入する手間と持ち運びが不要

市販の水は、スーパーやコンビニなどで手軽に買うことができますが、1本の容量は約2リットルで2kg強あります。まとめて買うとかなりの重量ですし、毎回の持ち運びも大変です。

その点、ウォーターサーバーは水を買う手間や持ち運びの手間、そして時間が必要なく都合の良いときに配達員が玄関先まで届けてくれます。

お湯と冷水がすぐに出る

水は勿論ですが、お湯もすぐに出るのでお湯を沸かす必要がありません。いつでもすぐに新鮮な水やお湯を飲むことができますので突然の来客時のお茶出しやコーヒータイムなどに重宝します。一般的に5度から10度の冷水、80度から85度の温水が出ます。

水がおいしい

水そのものもおいしく頂けますが、お茶やコーヒー・紅茶などもその香りや味を引き立ててくれます。ごはんや料理に使うとおいしく頂けるほか、赤ちゃんのミルクづくりも楽になります。

災害時に備蓄水となる

ウォーターサーバーに関する調査によると、震災では多くの方が水の確保に困ったという調査結果が出ています。ウォーターサーバーを設置しているご家庭では殆どのお宅がウォーターサーバーが家にあって良かったと回答。災害対策アイテムとして利用できます。

最近は地震や火山の噴火、集中豪雨、土砂災害、豪雪と何かと災害の多い日本です。ウォーターサーバーの水は、一般的に12リットルのボトルで提供されますのでボトル2本あれば4人家族でも3日間は大丈夫です。また水の賞味期限も未開封の状態であれば3ヶ月から1年と長めなので、備蓄水として役に立ちます。

水質の確保

市販されているミネラルウォーター等は回栓したときから中の水と外気がまざって水質が落ち始めますが、ウォーターサーバーの中には空気と混じらない構造になっているものもあり、水が無くなるまで新鮮な状態を保つことができます。

ウォーターサーバーのデメリット

ランニングコストが若干割高になることも

ウォーターサーバーで必ずかかってくるコストが水代電気代です。
一部を除き、サーバーのレンタル料金やメンテナンス料金はかかりません。

水代と電気代はウォーターサーバーや家族構成などで飲用する水やお湯の量によってマチマチですので個別のウォーターサーバーを比較して確認する必要がありますが、一般的に水代は、500mlでおよそ60円〜80円とスーパーなどで購入するミネラルウォーターと、さほど変わらないか若干割高になる場合もあります。

ウォーターサーバーの電気代は家庭用電気ポットと変わらないと言われていますが、最近では、省エネタイプが出てきており、家庭用電気ポットより安価で、月額およそ500円前後で済むものも出てきています。

ウォーターサーバーの設置場所が必要

床置きタイプや卓上タイプなど様々なデザインのウォーターサーバーが出ていますが、置き場所(スペース)が必要となります。

最近では、床置タイプのほか、場所をとらない卓上タイプなど小型化されたタイプも開発されてきています。さらにデザイン性にも優れたスタイリッシュなサーバーも増えてきています。

水の注文ノルマ

毎月のお水の注文(購入)ノルマがある場合も少なくありません。

水の注文のノルマが気になる方は、水の注文のノルマがないウォーターサーバーもありますのでそちらを検討してみて下さい。

故障

故障の頻度は非常に少ないものの、故障がないとは言えません。故障のケースとしては、水が冷えなかったり、温まらなったりしたり、また、水漏れが発生する場合があります。

故障した場合、通常使用範囲における故障・破損の場合はサーバー業者が、無料で修理または交換するのが一般的ですが、お客様による通常の使用範囲外での故障・破損・汚損の場合は、お客様が実費を負担しなければならい場合があります。
   
  

天然水部門 ランキング

フレシャス
プレミアムウォーター
コスモウォーター
その他の天然水ウォーターサーバー
  

RO水部門 ランキング

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
その他のRO水ウォーターサーバー
  

どうせなら水素水サーバー

ウォーターサーバーで水素水
水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
溶存酸素が多いウォーターサーバー
ノルマなしのウォーターサーバー
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 ウォーターサーバー導入のメリットとデメリット All Rights Reserved.