ウォーターサーバーの比較

軟水と硬水の違い

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. 軟水と硬水の違い
水の分類の一つとして軟水と硬水というもがあります。
軟水と硬水についてその内容や性質について解説します。

軟水と硬水の基準

軟水と硬水を分類する場合にその基準となるのが水1リットル(1000ml)中に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量です。

この数値を表したものを「硬度」といい、
・硬度が低い水を「軟水
・硬度が高い水を「硬水
といいます。

つまり、カルシウムイオンとマグネシウムイオンが比較的少ない水が軟水、比較的多く含まれる水を硬水といいます。

WHO世界保健機関による分類では、硬度が、
0〜60mg/ℓ未満の場合を軟水、
60〜120mg/ℓ未満の場合を中程度の軟水、
120mg〜180mg/ℓ未満の場合を硬水、
180ml以上の場合を非常な硬水、
と定義していますが、
日本の場合、一般的には、
100mg/ℓ未満の場合を軟水、
100mg/ℓ以上の場合を硬水
として分類しています。

軟水と硬水の特徴(性質)

軟水の特徴(性質)

・口当たりがやわらかくまろやか
・飲みやすい
・さっぱりしている
・お腹にやさしい
・赤ちゃんのミルクにも適している
・石鹸や洗剤が泡立ちやすい
・米を炊いたり、味噌汁の出汁をとるとおいしい

硬水の特徴(性質)

・のどごしが硬い
・お腹をこわす場合がある(便秘の解消)
・デトックス効果がる
・ミネラルが豊富
・炊飯に使うとご飯がパサつく仕上がりになる
・石鹸や洗剤が泡立ちにくい
・ダイエットに向いている

日本の水は殆どが軟水で、ヨーロッパや北米には硬水が多く存在します。この違いには大地を形成している物質や、地形が関係していると考えられています。

雨量が多く、土地も狭く傾斜が急な日本の地形では、地下水の滞留時間が短いため、川の水もすぐ海に流れ出ます。その結果、ミネラル分をあまり含まない軟水になります。

一方、石灰質の地層が多いヨーロッパや北米では、カルシウムが豊富な地層を地下水がゆっくり流れるため、ミネラルを多く吸収した硬水になります。

一般的に日本人がごくごくとおいしく飲めるのが軟水で、ちょっと重たい感じがしてごくごくと飲むには抵抗があるのが硬水の特徴です。日本人は硬水に慣れていないので最初は飲みにくく感じる人も少なくないようです。

また、軟水は体への吸収率も高いため、体の弱っている方や、お年寄り、赤ちゃん、子供には向いています。これに対して、硬水は体への吸収が良いとは言えないため、胃腸に負担をかけることがありますが、ダイエットには向いています。

軟水はそのままでも飲みやすく、料理やお茶の味や香りを引き出すのにも適していますが、硬水は水をそのまま使う料理にはあまり向いていません。

日本の水道水の硬度は地域によって差がありますが、11から100を超えるところもあるようです。軟水・硬水ともに一長一短ありますが、日本人は軟水に慣れており、日本国内で販売され、よく売れているミネラルウオーターやウォーターサーバー各社が取り扱う水も軟水が多いようです。飲みやすくおいしいと感じる軟水に人気があります。
 

ウォーターサーバーの比較

  

天然水部門 ランキング

フレシャス
プレミアムウォーター
コスモウォーター
その他の天然水ウォーターサーバー
  

RO水部門 ランキング

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
その他のRO水ウォーターサーバー
  

どうせなら水素水サーバー

ウォーターサーバーで水素水
水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
溶存酸素が多いウォーターサーバー
ノルマなしのウォーターサーバー
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 軟水と硬水の違い All Rights Reserved.