ウォーターサーバーの比較

ウォータースタンドとCoolQooの徹底比較

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. ウォータースタンドとCoolQooの比較
 

ウォータースタンドとCoolQooを比較

RO水のウォーターサーバーには、ご家庭の水道とウォーターサーバーを直結し、ご家庭の中でRO水を作り出すというウォーターサーバーがあります。

一般的に水道直結型サーバーと言われ、ボトルが不要で料金もウォーターサーバーのレンタル料金だけなので近年人気が急上昇しています。ボトルの配達・交換・置き場の確保といった煩わしさから解放されるため宅配水から移行する人も増えています。

定額制なので、家族の人数の多い方やオフィスや店舗に設置する場合は、従量制の宅配水と比較して圧倒的に安くなる場合があります。

ここでは、そんな水道直結型サーバーの中でも代表的なウォーターサーバーであるウォータースタンドとCoolQooを徹底的に比較しています。

どちらにしようか悩まれている場合は参考にして頂ければ幸いです。

ウォータースタンドとCoolQooの比較

両者を比較するにあたって

ウォータースタンド、CoolQooともに濾過する能力によってコースやウォーターサーバーを変えて販売しています。ろ過能力など比較する基準が異なると不公平になりますし、それぞれ価格も異なりますので、できるだけ同じ条件のもと機能や価格を比較しています。

ウォータースタンド

ウォータースタンドは、
・ナノトラップ方式で濾過するサーバーと
・逆浸透膜(RO)方式で濾過するサーバー
を分けて販売しています。

ナノトラップ方式とは、水道水の中の有害物質を99.5%除去すると言われている濾過方式で、ミネラルは残すけど微細なウィルスや病原性微生物を除去することができます。

そして、逆浸透膜(RO)方式は、水分子以外の不純物を99.9%除去可能と言われている最も浄水精度の高いろ過方法です。

ウォーターサーバー本体ごとにどちらかの濾過方式を採用しています。

CoolQoo

CoolQooは、
・UFろ過方式で濾過するコースと
・逆浸透膜(RO)方式で濾過するコース
を分けて販売しています。

UFろ過方式とは、ミネラルは残すけど微細なウィルスなどは除去するろ過方式です。

そして、逆浸透膜(RO)方式は、水分子以外の不純物を99.9%除去可能と言われている最も浄水精度の高いろ過方法です。

コース毎にどちらかの濾過方式を採用しています。

このことから、機能や料金を比較する場合は、同等のろ過能力同志の
・ウォータースタンドのナノトラップ方式とCoolQooのUFろ過方式
・ウォータースタンドの逆浸透膜(RO)方式とCoolQooの逆浸透膜(RO)方式
のものを比較します。

ウォータースタンドとCoolQooの比較

比較項目

ウォータースタンド

CoolQoo

機能

冷水
5.5〜7.3℃
温水
85〜93℃
常温水

冷水
4℃
温水
85℃

電気代

500円〜700円〜

800円〜

メンテナンス

6ヶ月に1度
無料

4000ℓまたは
1年に1度
無料

サービス
提供エリア

全国に拡大中

一部を除き全国対応

継続期間

最低1年

最低3年

違約金等

申込日から1年未満の
解約の場合
撤去費用として
10,000円

新規設置日より36か月未満で
解約の場合
早期解約手数料として
1年以内30,000円
2年以内20,000円
3年以内10,000円
別途撤去費用
10,000円

サーバー設置

ナノラピアシリーズ
10m以上可能
プレミアムシリーズ
3〜5m

サブタンクや延長タイプで
水道が近くにない場所でも
設置が可能

ろ過方式

ナノトラップ方式  

UFろ過方式  

サーバー画像
(卓上型)

ナノラピア ネオ
ナノラピア ネオ

UFろ過コース
UFろ過コース

サイズ

横幅26cm
奥行き50.5cm
高さ50cm

横幅30cm
奥行き56cm
高さ58cm

レンタル料金
(月額税別)

3,980円
長得プラン
3,500円

4,200円

初期導入費用
(税別)

長得プラン申込時
10,000円

サーバーレンタル料
1ヶ月分:4,200円

ろ過方式

逆浸透膜(RO)方式

サーバー画像
(卓上型)

プレミアムラピア S2
 プレミアムラピア
S2

ROろ過コース
ROろ過コース
 

サイズ

横幅26cm
奥行き48.3cm
高さ50cm

横幅30cm
奥行き56cm
高さ58cm

レンタル料金
(月額税別)

5,280円
長得プラン
4,800円

4,900円

初期導入費用
(税別)

長得プラン申込時
10,000円

サーバーレンタル料1ヶ月分
4,900円

まとめ

経済的な面で言えば、ウォータースタンドが優位です。初期導入費用もかかりませんし、長得プランを利用すればサーバーのレンタル料金も年間6,000円ほどお得になります。

また、違約金が発生しない最低継続期間もCoolQooの3年に対してウォータースタンドは1年。早期解約に伴う違約金にも大きな差があります。

(例)2年で解約した場合
ウォータースタンド:無料
CoolQoo:2万円(早期解約手数料)+1万円(撤去費用)の合計3万円

但し、卓上型ではなく床置きタイプの場合は、ROろ過方式の場合、サーバーレンタル料がCoolQooの4,900円に対して、ウォータースタンド(プレミアムラピアL2)の場合、6,980円(長得プランで6,500円)となり、CoolQooが優位になります。

機能面で言えば、ウォータースタンドが常温水対応なのに対してCoolQooは常温水対応がありません。常温水は、胃腸や内臓など体への負荷も少ないので健康志向の人やダイエットで水を飲む人に好まれています。温水安全ロックボタンやチャイルドロック機能は殆どのサーバーに搭載されています。

サーバーのデザインもウォータースタンドが豊富です。

サービス提供エリアについては、どちらも全国に代理店を募集しながら全国展開中です。従って、提供エリアとして記載されていなくても提供可能な場合がありますので、公式ページのお問い合わせ画面や電話などで確認することをおすすめします。
 

  

天然水部門 ランキング

フレシャス
コスモウォーター
プレミアムウォーター
その他の天然水ウォーターサーバー
  

RO水部門 ランキング

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
その他のRO水ウォーターサーバー

定額制のウォーターサーバー

定額制のウォーターサーバー
ウォータースタンド
CoolQoo
ウォータースタンドとCoolQooの比較
  

どうせなら水素水サーバー

ウォーターサーバーで水素水
水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
溶存酸素量で比較
ノルマのあるなしで比較
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 ウォータースタンドとCoolQooの比較 All Rights Reserved.