ウォーターサーバーの比較

溶存酸素量が多いウォーターサーバー

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. 溶存酸素量が多いウォーターサーバー

溶存酸素とは

溶存酸素とは、水中に溶解している酸素のことです。汚染度の高い水の中では消費される酸素の量が多くなることから溶存酸素の量が多いほどキレイな水の指標とされ、水質汚辱の目安として活用されています。

溶存酸素は、一般的にDO(Dissolved Oxygen)と表記されます。

このようなことから、溶存酸素の量は、水のおいしさを決める要素の一つにも関わっていると考えられています。つまり、溶存酸素の量が多いほど有機物が少なくきれいで「おいしい水」と感じることができるとされています。

天然水やミネラルウォーターがおいしく感じるのは、この溶存酸素が高いためということもできるようです。特に非加熱処理の天然水は溶存酸素が高いとされています。

加熱殺菌処理を加えると、水の中から酸素が放出されて溶存酸素量が減少し、ミネラル分も減少します。その結果、味がやや劣化すると考えられています。

非加熱処理の天然水は、多くの酸素を保持し、自然の旨みを逃さないままボトリングされるため、天然水本来の口当たりの良さ、まろやかさ、甘さなどがお水のおいしさを引き立てます。

これに対して、RO水は、酸素分子も取り除いてしまうほどの小さな膜(フィルター孔)で水をろ過するので一般的に溶存酸素は残っていません。

溶存酸素の多いウォーターサーバー

溶存酸素は、有機物質が多い下流よりも上流で採水した水に多く含まれている場合が多いため富士山など標高が高いところで採水している水に多く含まれています。

さらに、上記の説明からもわかるように溶存酸素は基本的に酸素を放出させない非加熱処理の天然水に多く含まれています。
 

ウォーターサーバー

溶存酸素量(1ℓあたり)

フレシャス 9.4mg
クリティア 8.2mg
プレミアムウォーター 富士の天然水:8.2mg
阿蘇の天然水:10.5mg
金城の天然水:8.5mg

溶存酸素量を公開しているウォーターサーバーは少ないのですが、数値が公開されていなくても非加熱処理の天然水は溶存酸素量が多いと判断していいと思います。
 

ウォーターサーバーの比較

  

天然水部門 ランキング

フレシャス
プレミアムウォーター
コスモウォーター
その他の天然水ウォーターサーバー
  

RO水部門 ランキング

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
その他のRO水ウォーターサーバー
  

どうせなら水素水サーバー

ウォーターサーバーで水素水
水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
溶存酸素が多いウォーターサーバー
ノルマなしのウォーターサーバー
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 溶存酸素量が多いウォーターサーバー All Rights Reserved.