ウォーターサーバーを電気代で比較

気になるウォーターサーバーの電気代。

ウォーターサーバーを選ぶときは、レンタルサーバー量が無料かどうかや水代だけを気にするのではなく、電気代を含めたトータルコストを比較して考えることが重要です。

電気代は平均するとおよそ月に500円から1,000円ほどですが、ボトルの本数やサーバータイプで若干異なってきます。最近は殆どのウォーターサーバーが省エネ機能を搭載しています。

ここでは、ウォーターサーバーごとの電気代を比較しています。

ウォーターサーバーを電気代で比較

ウォーターサーバーの導入にあたって月々の費用(ランニングコスト)は気になる要素の一つです。電気代もその一つです。

サーバーのレンタル代やボトル(水代)の料金が安くても電気代が高ければ、月々のトータルコストは上がってしまいます。

ご家庭用のウォーターサーバーの電気代は、平均すると月額500円から1,000円程度ですが、消費するボトルの本数やサーバーのタイプ、季節・室内の温度などによって若干異なってきます。

最近では、電気代が安くなる省エネサーバーも少なくなく、通常の半額(350円~500円前後)程度のものもあります。

ということでウォーターサーバー各社の電気代を天然水・RO水別に比較してみました。

各サーバーの1ヶ月にかかるおよその電気料金(あくまでも目安)をまとめています。

ウォーターサーバー選びの参考にして下さい。

※2019年現在

天然水部門
ウォーターサーバー サーバータイプ 通常の電気代 電気代(月額)
エコ機能を使用
フレシャス dewo 約1,000円 約330円
スラット 約1,100円 約380円
サイフォンプラス 約1,100円 約750円
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ
(ロングタイプ)
約640円 約500円
amadana
タンダードサーバー
約1,060円
cado×
PREMIUM WATER
ウォーターサーバー
約840円 約670円
コスモウォーター smartプラス 約500円 約465円
信濃湧水 エコサーバー 約600円 約600円
スタンダードサーバー 約1,000円
アクアセレクト アクアセレクトサーバー 約1,000円
うるのん ウォーターサーバーGrande 約755円 約513円
スタイリッシュサーバー 約755円
富士桜命水 富士桜命水サーバー 約1,200円 約800円

 

RO水部門
ウォーターサーバー サーバータイプ 通常の電気代 電気代(月額)
エコ機能を使用
クリクラ 省エネサーバー 約760円 約760円
クリクラサーバー 約1200円
アクアクララ アクアウィズ 約1,000円 約500円
アクアファブ 約1,000円
アクアアドバンス 約1,000円 約800円
アルピナウォーター スタンダードサーバー 約1,000円
エコサーバー 約700円 約700円

 

水道直結型
ウォーターサーバー サーバータイプ 通常の電気代 電気代(月額)
エコ機能を使用
楽水ウォーターサーバー 楽水ウォーターサーバー 約1000円 約1000円
ウォータースタンド ナノラピアネオ 約1000円 約800円
coolqoo coolqooサーバー 約800円

天然水部門の電気代最安値

天然水部門で最も電気代が安いのは人気の高いフレシャスのdewoです。

フレシャスは、全てのサーバータイプで省エネ機能を搭載しています。

RO水部門の電気代最安値

RO水部門で最も電気代が安いのは、アクアクララのアクアウィズです。

尚、電気代については、ボトルの本数やお部屋の温度、省エネモードの設定などにより変動します。尚、ボトル代とあわせたランニングコストのシミュレーションは下記で確認できます。

参考記事

ウォーターサーバー選びで気になることの一つがランニングコスト(月額の費用)です。 そこで、ここでは、特に人気のあるウォーターサーバーで家族構成ごとに月々かかる費用をシミュレーションしてみました。 ウォーターサーバー選びの参考にし[…]

ランニングコスト(月額の費用)で比較するウォーターサーバー

一日中使い続けるウォーターサーバーの電気代についても、しっかりと比較・チェックし、トータル的にご自分にあったウォーターサーバーを見つけて下さい。

参考記事

蛇口をひねるとすぐに冷水や温水が飲めるウォーターサーバー。使い慣れると非常に便利です。 そのウォーターサーバーですが、様々なメーカーから ・天然水・RO水といった水 ・床置きタイプ・卓上タイプといったサーバー ・宅配型・水道[…]

ウォーターサーバー比較ランキング