ウォーターサーバーの比較

天然水の宅配水に含まれているナトリウム(Na)の働き

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. ナトリウム(Na)の働き

ナトリウムは人にとって必須のミネラルの一種ですが、一般的に塩分(食塩)として知られており、現代の食生活にあっては過剰摂取はあっても不足することはまずありません。塩分(食塩)の過剰摂取は生活習慣病などの原因となるため注意が必要です。

ナトリウムの働き

ナトリウムは、食塩(塩分)として殆どの食品に含まれているため、特に意識しなくてもそれなりに摂取することができ、不足することは殆どありません。

逆にナトリウムの過剰摂取には注意しなければなりません。

ナトリウムには、
・細胞の浸透圧を一定に保つ働き
・栄養素の吸収
・PH調節作用
・神経の情報伝達
・筋肉の働きの調整
などの働きがあります。

一方でナトリウムが不足した場合は、食欲の低下や胃腸の不調、さらには筋肉痛や痙攣が起きたり、血圧が低下しすぎたりするなどの症状が起こります。

激しい運動などによる大量の発汗で体内の食塩(ナトリウム)が奪われることがありますので注意が必要です。激しい運動をするお子様などがいる場合は、ミネラルウォーターとして補給することも大切です。

ナトリウムの過剰摂取には注意が必要です。塩分を取りすぎると、むくみや口の渇きのほか高血圧や腎臓疾患、不整脈などの心疾患を誘発する恐れがあります。また、胃がん・食道がんのリスクを高めることも報告されています。

インスタント食品やスナック菓子などは塩分が多いので食べすぎには注意位が必要です。

日本では、成人一日当たりの食塩摂取量は11〜13gといわれていますが目標は成人男性で1日当たり10g未満、成人女性では8g未満と設定されています。

ナトリウムを過剰摂取した場合は、カリウムを合わせて摂取するといいでしょう。水分とカリウムを摂取することでナトリウムを体の外に排出することができます。減塩を心がけている方は意識して摂取することをおすすめします。

ナトリウムを含有するウォーターサーバー水

ウォーターサーバー水

1リットル当たりの含有量

天然水

フレシャス朝霧高原 80mg
プレミアムウォーター 5.4mg〜6.8mg
コスモウォーター 9.7mg〜48mg

RO水

クリクラ 5.0mg
アクアクララ 5.0mg

宅配水に含まれる他のミネラル

ウォーターサーバーの比較

  

天然水ウォーターサーバー

フレシャス
コスモウォーター
プレミアムウォーター
天然水ウォーターサーバー一覧
  

RO水ウォーターサーバー

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
RO水ウォーターサーバー一覧

水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型のウォーターサーバー
ウォータースタンド
CoolQoo
ウォータースタンドとクールクーの比較
CoolQooがお得になる水の量
  

水素水ウォーターサーバー

水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
ミネラルの含有量で比較
溶存酸素量で比較
水のノルマのあるなしで比較
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 ナトリウムの働き All Rights Reserved.