ウォーターサーバーの比較

おすすめ水素水ウォーターサーバー

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. おすすめ水素水ウォーターサーバー

最近では、水素水をウォーターサーバーで提供するという欲張りなウォーターサーバーが登場しています。

水素水をボトルに詰め込んで配達するというものではなく、水道水またはRO水などを水素水キットを使ってその場で水素水を生成しますので、時間の経過とともに溶存水素量(水中に水素が含まれている量)が減少するといった心配もなく鮮度を保つことができます。

水素水とは

私たちは、呼吸によって1日に500ℓ以上の酸素を体内に取り入れているといわれており、その取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。

活性酸素が体内で必要以上に増えてしまうと、健康な細胞まで酸化してしまうため細胞が持つ免疫機能を低下させ老化や細胞の様々な病気を引き起こす原因に繋がるリスクが高くなります。

水素水(還元水)とはその名の通り水素が豊富に含まれている水のことです。

水素水は、悪玉の活性酸素のみを攻撃し、水素(H2)と活性酸素(O)を体内で結びつけることで無害な水(H2O)にして汗や尿として体外に排出させます。

この活性酸素を中和する働き(還元力)を持つ水素水は、美容やアンチエイジング(若返り)、ダイエットの効果が期待できるほか、生活習慣病や様々な病気の予防・治療に効果が期待できると考えられています。

ビタミンCなどの抗酸化物質は、分子量が大きい上に脂溶性や水溶性のどちらかの性質を持っているため水溶性のものは脂の壁である細胞膜を通過できないという弱点がありますが、水素分子は分子量が非常に小さく、脂溶性・水溶性の両方の性質を持つと言われているため細胞内部まで浸透し、身体の隅々までいきわたると言われています。

水素には酸化還元力がありますので、還元水とも呼ばれています。

水素水選びのポイント

水素水の水中にどのくらいの水素が溶けているかは 水素水を選ぶ上で最も大きな要素となります。水素の量が多いほど水素の働きの恩恵を受けることができるためです。

水中にどのくらいの水素が溶けているかは、水素含有量・水素濃度・溶存水素量・ppm・ppbという単位で表示されます。これらの数値が高いほど水素が多く含まれています。

水素水における水素の最大飽和濃度は、約1.57ppmであることが計算上証明されていましたが、気体過飽和式を採用することで最大4.1ppmの高濃度を実現する水素水まで実現することが可能となっています。

アルミパウチ商品などでは、1.6ppmとか3.0ppmといった溶存水素量の商品が販売されていますが、これはあくまでも充填時での溶存濃度であって日数が経ったり開封したりした時点で溶存量は1.57ppm以下に減少すると言われています。

これに対して、気体過飽和式を採用した水素水サーバーであれば、その場で水素水を生成することで溶存酸素量も極力減らさない状態で体内に摂りこむことが可能です。

水素発生器には、気体過飽和式のほか電極直接接触式がありますが、電極直接接触式は電極の金属が水に溶けだす、水質がアルカリ性に偏るといったデメリットがあります。気体過飽和式は、このデメリットも解消しています。


水素水の性質

おすすめの水素水ウォーターサーバー

ここでは、水素水ウォーターサーバーを提供する代表的な2社、CoolQooとアルピナウォーターの水素水を紹介致します。

飲み放題のCoolQoo

CoolQoo(クール・クー)は、従来のろ過したボトルの配送方式ではなく、超小型化した濾過装置であるサーバーをご家庭に設置し、ご家庭の水道水をろ過するという今までの常識を覆した水道直結型のウォーターサーバーです。

サーバーレンタル料の定額制で、お水はご家庭の水道水を使用。飲み放題とあって、大人数のご家庭や、多くの社員を抱えるオフィスでも人気のウォーターサーバーです。

このCoolQoo、水素水のコースも用意しています。CoolQooの水素水コースは面倒なボトル宅配ではなく、上記のピュアウォーター生成機能に水素水生成機能をプラスしたものです。

放射性物質や環境ホルモン、カルキ、ウィルス、細菌、カビ、その他の不純物をほぼ100%除去した水素水を毎日制限なく飲むことができます。

尚、水素水は温度に影響を受け、80度ほどのお湯だとほぼ0%となるため、温水には水素水は溶存されていません。
 

ピュアウォーター生成機能+水素水生成機能

水素濃度(溶存水素量)は、業界最高水準の1.2ppm(溶存時)
料金は、サーバーレンタル月額9,720円(税込)の定額

尚、水素水コースは、
・初期導入設置費用が9,720円(税込)
・保証金20,000円(無税)
が別途必要です。

CoolQooの水素水ウォーターサーバー
 

アルピナウォーター

アルピナウォーターハワイアンウォーターでは、ウォーターサーバーに水素水キットを取り付けることにより、ピュアウォーターの水素水を頂くことができます。アルピナウォーターとハワイアンウォーターそれぞれの経由でレンタル料や取扱い地域などが若干異なります。

詳細については、それぞれの公式サイトで確認を要しますが、ここでは、人気の高いアルピナウォーター経由での水素水サーバーを中心に説明していきます。

水素水は鮮度が重要です。放置すると空気中に水素が放出され、時間が経つにつれて溶存水素量が減っていきますが、アルピナウォーターとハワイアンウォーターは、その場で水素水を生成。

理論上、1.6ppmが上限と言われている水素溶存量ですが、アルピナウォーター・ハワイアンウォーターの水素水は、水から水素ガスのみを取り出す特殊技術により、水素溶存量最大4.1ppmと圧倒的な高濃度水素溶存量を実現しています。

さらに、水素が抜けにくいナノバブル技術(気体過飽和式)を採用していますので溶存水素が抜けにくくて多い水素水を楽しむことができます。

勿論、従来のウォーターサーバーの機能はそのままですので、RO濾過フィルターで放射性物質など様々な不純物を徹底除去した冷水の水素水を楽しむことができます。

※尚、水素水は温度に影響を受け、80度ほどのお湯だとほぼ0%となるため、温水での水素水は意味がなく、提供していません。

アルピナウォーターのウォーターサーバーで不純物を徹底除去した水素水

水素水キットのレンタル料は、通常のウォーターサーバーレンタル料572円(税別)と合せて
・関東地域で月額1,572円(税別)
・関西・愛知地域で月額2,000円(税別)
です。

尚、アルピナウォーターの水素水キットは、
・初期導入設置費用が10,000円(税別)
が別途必要です。

アルピナウォーターの水素水ウォーターサーバー

CoolQooとアルピナウォーターの水素水比較

項目 CoolQoo アルピナウォーター
水素溶存量 1.2ppm 4.1ppm
水素発生器 電極直接接触式 気体過飽和式
ナノレベルで水素
が抜けにくい
サービス提供地域 全国展開中 関東・関西・愛知
月額ランニングコスト
サーバーレンタル料

9,000円

572円

水素水キットレンタル料

関東:1,000円
関西・愛知:1,428円

ウォーターボトル

なし

2,100円〜
24ℓ(1ヶ月2本で算出)

月額合計

9,000円+水道料金

関東:3,672円〜
関西・愛知:4,100円〜

その他費用
定期メンテナンス

無料

2年に1度6,000円

初期費用

初期導入費用:9,000円
保証金として、20,000円

10,000円

早期解約時

36ヶ月未満で解約時
10,000円〜30,000円

1年以内に解約時
関東:5,000円
関西・愛知:10,000円

解約時撤去費用

10,000円

なし


※価格は税別(但し、保証金に税金はかかりません)です。
※水素発生器には、電極直接接触式と気体過飽和式の2種類がありますが、電極直接接触式は電極の金属が水に溶けだす、水質がアルカリ性に偏るといったデメリットがあります。気体過飽和式は、このデメリットを解消しています。

大人数のご家庭や多くの社員を抱えるオフィスなどで、1ヶ月に96ℓ(ボトル8本)以上が必要となる場合は、CoolQooのランニングコストが安くなりますが、そうでない場合で、お住まいの地域が関東・関西・愛知地区であれば、アルピナウォーターの水素水がおすすめです。しかもアルピナウォーターは定期的に購入しなければならないノルマもありません。
 

ウォーターサーバーの比較

  

天然水ウォーターサーバー

フレシャス
コスモウォーター
プレミアムウォーター
天然水ウォーターサーバー一覧
  

RO水ウォーターサーバー

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
RO水ウォーターサーバー一覧

水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型のウォーターサーバー
ウォータースタンド
CoolQoo
ウォータースタンドとクールクーの比較
CoolQooがお得になる水の量
  

水素水ウォーターサーバー

水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
ミネラルの含有量で比較
溶存酸素量で比較
水のノルマのあるなしで比較
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 おすすめ水素水ウォーターサーバー All Rights Reserved.