水道直結型ウォーターサーバー 比較

水道直結型ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの中には、ウォーターボトルを宅配するタイプではなく、ご家庭の水道水をその場でろ過してピュアウォーターを作るという水道直結型のウォーターサーバーがあります。

ウォーターボトルを配達する必要がなく宅配水の料金も発生しないため、ノンボトルウォーターサーバー定額制のウォーターサーバーとも言われています。

宅配水ウォーターサーバーのように、

  • お水の注文
  • 配達業者からの水の受け取り・引き渡し
  • 重いボトルの交換
  • 空ボトルの保管又はゴミ出し

といったことが必要ないため、女性やご高齢の方にも人気があります。

ここでは、水道直結型のウォーターサーバーとはどういうものか?を解説し、水道直結型ウォーターサーバーを徹底比較しておすすめ順にランキング形式で紹介しています。

水道直結型ウォーターサーバー選びの参考にして頂ければ幸いです。

水道直結型ウォーターサーバー(ノンボトルウォーターサーバー)とは?

水道直結型ウォーターサーバーとは、ご家庭の水道とウォーターサーバーをパイプでつなぎ、その場で水道水をろ過してピュアウォーターを作る仕組みのウォーターサーバーです。

水の宅配も必要ありませんし、料金もサーバーレンタル料のみの定額制です。

次世代型ウォーターサーバーと言われており、先進国ではどこもこの水道直結型のウォーターサーバーを採用しています。

水道から分岐させたり、パイプを天井や壁にそって綺麗に目立たせないように設置する必要があるため、基本的には、初期設置工事が必要になります。

初期設置工事

水道直結型ウォーターサーバーのメリット

定額制なので冷水と温水が飲み放題

宅配タイプのウォーターサーバーは当然のことながらお水を注文するたびに料金が発生する従量制です。使えば使うほど料金がかかります。

これに対して水道直結型ウォーターサーバーは、水道水を供給するためかかるのは水道代のみ。

サーバーは定額制ですので、お水とお湯が飲み放題・使い放題です。

従来のウォーターサーバーではお水代やお水の在庫を気にして遠慮しがちでしたが、水道直結型のウォーターサーバーは、炊飯や料理などにも気兼ねなく使えます。

大家族のご家庭や、会社やオフィス、フィットネスクラブ、ジムといった人数の多い場所で使う場合は宅配水と比較してランニングコストが大幅に安くつきます

濾過能力が高く温水も使える

市販の浄水器と何が違うのか、という点も気になります。

水道直結型ウォーターサーバーは、市販されている浄水器と比較して圧倒的に濾過能力(不純物を除去する能力)が高いとうメリットがあります。

しかも、一般の浄水器と違い、温水と冷水も楽しむことができます

鮮度が高く新鮮

従来の宅配型のウォーターサーバーと比較して、家庭で濾過すると、鮮度が高い分、品質の高い水が得られます。

ウォーターボトルのように空気が侵入して雑菌が繁殖する心配もありません。

お水の保管場所が必要ない

水道直結型ですのでお水の保管場所が必要ありません。

特に、宅配式のRO水のウォーターサーバーでは、リターナブル方式(硬いプラスチック素材でできたもので、飲み終わった空きボトルを業者が回収して新しいボトルと交換するタイプ)が主流ですが、回収されるまでボトル置き場のスペースが必要となるのがネックになります。

リターナブルボトル

水の注文・受け取り・ボトル交換・ゴミ出しの手間が省ける

水道直結型のウォーターサーバーは、宅配水ウォーターサーバーのように、お水の注文をしたり、配達業者から水を受け取ったり、また空ボトルのゴミ出しや引き渡しも必要ありません。

例えばマンション住まいの方などで、留守にしていた場合の配達など、運用に支障をきたす場合などは、水道直結型のウォーターサーバーはおすすめです。

また、重いボトルの交換も必要なく、ゴミも出ないので分別などの面倒な手間も掛かりません。

これらのメリットがあるため、女性や高齢者の方、独り暮らしの方にも人気があります。

参考記事

高齢者の方でもウォーターサーバーを使用される方は増えています。 健康志向が高まっていることもありますが、重い水を買いに行くことから解放されますし、お茶やコーヒーなどを飲む時もわざわざお湯を沸かす手間がなくなるためです。 ここでは[…]

高齢者向けのウォーターサーバー

水道直結型ウォーターサーバーのメリット

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

天然水は対象外

水道直結型ウォーターサーバーは水道水をろ過した水ですので、当然、天然水ではありません

天然水を希望する場合は、天然水を宅配するウォーターサーバーを選ぶ必要があります。

初期工事が必要

水道直結型ウォーターサーバーは。水栓とサーバーをホースで繋いで目立たなく床などを這わせるために、設置時に配線工事が必要になります。

配線工事は基本的に専門業者が行い、10m以上離れた場所でもモールでカバーしながら配線が可能とされていますが、やはり、水栓とサーバーの距離が離れると水漏れや動作不良の原因となる場合があります。

また、見栄えなどの問題も出てきますのでできれば水栓からあまり離れていない場所に設置することをおすすめします。

サーバーの置き場所が限定され、移動が困難

水道管とサーバーをホースで繋ぐためにサーバーの置き場所が限定され、一旦設置すると移動が困難になります。

但し、水道直結型ウォーターサーバーにも給水タンク式のウォーターサーバーもあります。

楽水ウォーターサーバーの給水タンクプランや、ウォータースタンドのエコサーバーなどを使えば、サーバーと水道と繋げずに給水タンクに水を補給して利用が可能です。

使うお水が少ない場合は割高になる可能性も

使うお水の量が少ない場合は、従来の宅配水の方が安くつく場合があります。

例えば、同じRO水を扱うクリクラと楽水ウォーターサーバーを比較した場合、使用するお水の量が月に24ℓの場合のランニングコストは以下の通りとなります(税込価格)。

比較項目 クリクラ 楽水ウォーターサーバー
お水の種類 RO水+ミネラル RO水
最低注文単位
24ℓ
2,920円 4,378円
あんしんサポート料 460円
合計 3,380円 4,378円

例えば、クリクラと比較した場合は、使用するお水の量が36ℓ(3パック)以上から楽水ウォーターサーバーのランニングコストが安くつくようになります。

尚、楽水ウォーターサーバーもろ過能力がワンランク低いUFろ過方式(ミネラルはろ過せず残す方式)を選ぶと、月額3,278円(税込)で済み、使用するお水の量が月に24ℓでもクリクラと変わらなくなります。

中途解約の場合は多額の解約料金が必要

水道直結型ウォーターサーバーを中途解約する場合は、一般的な宅配水を解約する場合よりも多額の違約・解約料が発生する場合があります(業者によりマチマチ)。

水道直結型ウォーターサーバーを使用する場合に最も注意すべき点の一つです。

備蓄水としては機能しない

震災後のアンケートで、震災後にウォーターサーバーがあって良かったと回答した方が多かったと言われています。備蓄水として機能したためですが、残念ながら水道直結型ウォーターサーバーは備蓄水としては機能しません。

尚、水道水を手動でタンクにセットして使うタイプのサーバーはこの限りではありません。

お水は安全なのか

水道直結型ウォーターサーバーのお水って本当に安全なのか。

宅配水として送られてくるお水は何となく工場でクリーンにされているイメージがありますが、水道水をもとにした水道直結型のウォーターサーバーのお水が本当に安全で安心して飲めるかという点は気になる人もいます。

赤ちゃんや小さい子供のいるご家庭では特に気なることだと思います。

その点に関しては、もともとの水道水が厳しい安全基準をクリアしたものであることに加えて、ウォーターサーバー側でさらに不純物を濾過する訳ですから極めて安全ということができます。

お水の不純物を除去する能力はフィルターの能力によって決まります。

水道直結型ウォーターサーバーが採用している逆浸透膜(RO)方式は、NASAも採用している最先端の浄水システムです。

クリクラなどRO水を宅配するタイプのお水もこの逆浸透膜(RO)方式を採用していますので同じです。要は工場で濾過するか、家で濾過するかの違いだけになります。

逆浸透膜(RO)方式は、牛乳も真水の変えてしまうほどのろ過能力があり、微小なウィルスや細菌、ダイオキシンなどの環境ホルモン、放射性物質、重金属、またミネラルなど、0.0001ミクロンまでの物質もほぼ完璧に取り除きますので安心して飲むことができます。

逆浸透膜(RO)方式のろ過能力

また、UFろ過方式、ナノトラップ方式のフィルターも市販のフィルターより不純物を除去する能力が高く、安全な水として楽しむことができます。心配することはありません。

水道直結型ウォーターサーバー 比較

以下は、使用感やランニングコストを考えた時におすすめの水道直結型ウォーターサーバーは何か、徹底比較してランキング形式で紹介しています。

価格は全て税込み価格です。

水道直結型ウォーターサーバー 比較ランキング

ランキング1位 楽水ウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバー
お水の種類 浄水
・UFろ過方式
・逆浸透膜(RO)方式
水とお湯の温度 冷水:約5℃/7℃/9℃
温水:約90℃/95℃
常温水
サーバーレンタル料 UFろ過方式:3,278円
逆浸透膜(RO)方式:4,378円
設置費用 ライトプラン:13,200円
フィルター交換
メンテナンス
自分で交換
サービス提供 全国
電気代(月額) 平均 800円
違約条件・料金 3年未満の解約については、残り契約月数×レンタル料の40%の解約金が発生
また、解約にかかる撤去費用(約8,000円)、サーバー返送費(約4,000円)は実費負担

おすすめポイント!
初期工事費がかかりますが、月々定額3,278円と低価格。設置後は半年ごとに送られてくる浄水器カートリッジ交換(無料)だけで1年中、温水・冷水が楽しめます。サーバーの機能も高機能で3年未満の解約だけ注意すれば、リーズナブルな価格で続けることができます。加熱ボタンや冷水温度3段階設定など、従来のウォーターサーバーにはない機能がついている点もおすすめ。水道から繋げられない場合は、給水タンクプランもあります。

ランキング2位 ハミングウォーター

ハミングウォーター
水道水補充型タイプのウォーターサーバー
お水の種類 浄水
・UFろ過方式
水とお湯の温度 冷水:約6~10℃
温水:約80~90℃
常温水
サーバーレンタル料 3,190円(税別:2,900円)
設置費用 初回のみ出荷手数料2,200円
フィルター交換
メンテナンス
4ヵ月ごとに送られてくるカートリッジを自分で交換
サービス提供 全国(北海道・沖縄一部を除く)
電気代(月額) 平均 475円
違約条件・料金 2年未満に
・解約の場合:サーバー引取手数料:16,500円
・同じ機種のウォーターサーバーへの交換の場合:サーバー交換手数料:9,900円

おすすめポイント!
ハミングウォーターは、水道水をタンクに注ぐ水道水補充型タイプのウォーターサーバーです。楽水ウォーターサーバーの給水タンクプランと同じようなイメージです。お湯と冷水のほか常温水も楽しめて、月々定額3,190円と低価格。4ヵ月に1度の浄水器カートリッジ交換(無料)だけで最もリーズナブルな価格で続けることができます。

ランキング3位 ウォータースタンド

ウォータースタンド
お水の種類 浄水
・ナノトラップ方式
・逆浸透膜(RO)方式
水とお湯の温度 冷水:5.5℃~7.3℃
温水:85℃~93℃
サーバーレンタル料 ナノトラップ方式:4,378円
逆浸透膜(RO)方式:5,808円
長得プラン登録料(11,000円)支払いで月々480円お安くなります
設置費用 無料
フィルター交換
メンテナンス
半年に1度
無料(専門スタッフ)
サービス提供 全国展開を目指して現在展開中
電気代(月額) 平均 500~700円
違約条件・料金 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用として11,000円
設置から1年未満の機種変更の場合、機種変更手数料11,000円
引越しなどで取り外し・再設置をする場合は無償

おすすめポイント!
サーバーは、容量やサイズ、デザインなどのラインナップが豊富。サーバーのデザインにこだわるのであればウォータースタンドはおすすめです。半年に1回、定期的に専門スタッフが訪問メンテナンスを行います。補助タンク搭載のエコサーバーを使えば補助タンクに水道水を入れておけばセットしたネオやトリニティへ自動給水。オフィスビルなどでも活躍できます。サーバーレンタル料は長得プランで月額480円安くなります。

ランキング4位 CoolQoo

CoolQoo
お水の種類 浄水
・UFろ過方式
・逆浸透膜(RO)方式
水とお湯の温度 冷水:4℃~8℃
温水:85℃~90℃
サーバーレンタル料 UFろ過方式:4,620円
逆浸透膜(RO)方式:5,390円
設置費用 月額レンタル費用の1ヶ月分
フィルター交換
メンテナンス
1年に1度
無料(専門スタッフ)
サービス提供 全国展開中
電気代(月額) 平均 800円
違約条件・料金 解約時には解約手数料11,000円
新規設置日より36か月未満で解約の場合には撤去料として
1年以内33,000円
2年以内22,000円
3年以内12,000円

おすすめポイント!
1年に1回、定期的に専門スタッフが訪問メンテナンスを行います(無料)。水道直結型のウォーターサーバーとして人気がありましたが、近年は、楽水ウォーターサーバーやウォータースタンドに押され気味。温水の温度は他社と比較してやや低めです。水素水ウォーターサーバーも取り扱っています。

水道直結型ウォーターサーバーを同じ条件で比較

楽水ウォーターサーバー、ハミングウォーター、ウォータースタンド、クールクーともに濾過する能力やサーバーによって料金が異なります

水道直結型ウォーターサーバーを比較する際は、同じ条件で比較することが重要です。

ろ過能力など比較する基準が異なると不公平になりますし、それぞれ価格も異なりますので、できるだけ同じ条件のもと機能や価格を比較しています。

そこで、ここでは、

  1. 冷水・温水に対応したサーバー
  2. 卓上型サーバー
  3. 使用期間は3年

という条件を前提に、

  1. 逆浸透膜方式(RO)
  2. UFろ過方式、ナノトラップ方式

の2種類のろ過方式で比較しています。

ろ過方式は逆浸透膜(RO)方式で比較

逆浸透膜方式はろ過能力が最も高く、ろ過したお水は純水(ピュアウォーター)になります。

尚、ハミングウォーターは、逆浸透膜方式はありません。

※価格は税込み

比較項目 楽水
ウォーターサーバー
ウォータースタンド CoolQoo
サーバーレンタル料
逆浸透膜方式
ROプラン
4,378円
プレミアムラピア
S2
5,280円
ROろ過コース
5,590円
初期設置費用 13,200円 設置費無料
長得プラン登録料
11,000円
5,590円
電気代目安(月額) 約800円 約600円 約800円
サーバーのサイズ
(卓上タイプ)
高さ:480mm
幅:300mm
奥行:400mm
高さ:500mm
幅:260mm
奥行:530mm
高さ:583mm
幅:315mm
奥行:560mm
内部タンクの容量 冷水:3L
温水:1.6L
常温水:2.5L
冷水:2.3L
温水:1.0L
冷水:3L
温水:2L
水とお湯の温度 冷水:約5℃/7℃/9℃
温水:約90℃/95℃
冷水:5.5℃~7.3℃
温水:85℃~93℃
冷水:4℃~8℃
温水:85℃~90℃
サーバーの機能 冷水・温水・常温水
光センサーECOモード
クリーン機能
チャイルドロック
加熱ボタンで95℃へ
冷水・温水・常温水
省エネ機能
抗菌フィルター
チャイルドロック
(温水)
冷水・温水
チャイルドロック
3年使った場合
の費用合計
レンタル料+
工事費+
電気代
199,608円 222,680円 235,630円
その他 スタンドタイプは
給水タンクで
水道と繋げずに
利用可
長得プランの
サーバーレンタル
料金5,280円で計算
おすすめ度

UFろ過方式、ナノトラップ方式で比較

同じく、ろ過能力のレベルが同等な、楽水ウォーターサーバーとCoolQooのUFろ過方式、ウォータースタンドのナノトラップ方式にすると以下の通りです。

UFろ過方式、ナノトラップ方式は逆浸透膜(RO)方式より不純物の除去能力は落ちますが、市販されている浄水器より高いろ過能力があります。

水道水のミネラルまでは除去できませんのでミネラルを含んだ水となります。

※価格は税込み

比較項目 楽水
ウォーターサーバー
ハミングウォーター ウォータースタンド CoolQoo
サーバーレンタル料
UFろ過方式・
ナノトラップ方式
ライトプラン
3,278円
3,190円 プレミアムラピア
ネオ
3,850円
UFろ過コース
4,620円
初期設置費用 13,200円 出荷手数料
2,200円
設置費無料
長得プラン登録料
11,000円
4,620円
浄水能力 UFろ過
UFろ過
ナノトラップ
UFろ過
電気代目安(月額) 約800円 約475円 約600円 約800円
サーバーのサイズ
(卓上タイプ)
高さ:480mm
幅:300mm
奥行:400mm
高さ:1200mm
幅:260mm
奥行:370mm
高さ:500mm
幅:260mm
奥行:505mm
高さ:583mm
幅:315mm
奥行:560mm
内部タンクの容量 冷水:3L
温水:1.6L
冷水:1.5L
温水:1.3L
常温水:1.1L
冷水:2.5L
温水:1.0L
常温水:2.5L
冷水:3L
温水:2L
水とお湯の温度 冷水:約5℃/7℃/9℃
温水:約90℃/95℃
冷水:約6℃~10℃
温水:約80℃~90℃
冷水:5.5℃~7.3℃
温水:85℃~93℃
冷水:4℃~8℃
温水:85℃~90℃
サーバーの機能 光センサーECOモード
クリーン機能
チャイルドロック
加熱ボタンで95℃へ
UV殺菌
エコモード
チャイルドロック
再加熱機能
光センサーECOモード チャイルドロック
3年使った場合
の費用合計
160,008円 134,140円 171,200円 199,740円
その他 スタンドタイプは
給水タンクで
水道と繋げずに
利用可
水道水をタンクに
注ぐ水道水
補充型タイプ
エコサーバーを
使えば
給水タンクで
水道と繋げずに
利用可
おすすめ度

←→にスクロールできます。

水道直結型ウォーターサーバー 比較のまとめ

以上のような結果となりました。

水道直結型のウォーターサーバーは、お水の配送がないため、一般的な宅配型のウォーターサーバーと異なり、水の注文や受け渡し、また、水の交換などが不要です。

ボトルの残量を気にしながら使う水の量を調整する必要もなく、水道代はかかりますが、いくら使っても定額制です。

人気急上昇というのも頷けます。

RO水の宅配水を検討している方、または、現在、RO水の宅配水を利用している方でお水代がかかっている方は、定額制の水道直結型ウォーターサーバー(ノンボトルウォーター)への乗り換えを検討してみては如何でしょうか。

特に使う水の量が多いご家庭や事務所、店舗などにはおすすめです。

尚、天然水・RO水別の総合ランキングや、サーバーのデザインやランニングコストに拘って選びたい場合は、下のページを参考にして頂ければと思います。

参考記事

蛇口をひねるとすぐに冷水や温水が飲めるウォーターサーバー。 使い慣れると非常に便利です。 しかし、ウォーターサーバーといっても、今は様々なメーカーから 天然水やRO水といったお水 床置きタイプ・卓上タイプ[…]

ウォーターサーバー比較 ランキング
参考記事

おしゃれなウォーターサーバーは部屋のインテリアをグレードアップさせます。 このため、デザイン重視でウォーターサーバーを選ぶ人も少なくありません。 最近のウォーターサーバーは、インテリアやほかの白物家電とも調和しやすいデザインにな[…]

おしゃれなウォーターサーバー
参考記事

ウォーターサーバー選びで気になることの一つがランニングコスト(月額の費用)です。 そこで、ここでは、特に人気のあるウォーターサーバーで家族構成ごとに月々かかる費用をシミュレーションしてみました。 ウォーターサーバー選びの参考にし[…]

ランニングコスト(月額の費用)で比較するウォーターサーバー