ウォーターサーバーの比較

ウォーターサーバーの選びのポイント

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. ウォーターサーバーの選びのポイント

ご家庭や事務所、店舗などでウォーターサーバーの導入を検討するにあたりどのウォータサーバーにするか迷っている方も多いと思います。

ここではウォーターサーバー選びのポイントを解説します。

ウォーターサーバーの選びのポイント

ウォーターサーバーを選ぶにあたっては以下のポイントに留意して選びます。

1.天然水かRO水か
2.配達対象区域か
3.コスト面(ランニングコスト)
4.ウォーターサーバー業者の信頼性
5.利便性

天然水かRO水か

ウォーターサーバーの導入を検討する場合、「天然水」にするか「RO水」にするかは最も重要な選択肢の一つになります。

天然水」とは文字通り、自然に存在する水を汲み上げたものです。一般的には安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌等の処理を行い、不純物を排除してボトルに詰めています。

ミネラルなどの天然成分が豊富に含まれており、原水の持つ本来の水のおいしさを楽しみたい方に人気です。硬度やミネラルの含有量など採水地による特徴や味がありますので希望に応じて選択します。

RO水」とは、水道水やその他の飲料水を、超高性能のフィルターでろ過して(RO膜処理を施して)不純物を取り除いた水です。

人工的にミネラル分を添加しているものも増えてきました。衛生面・安全性をより重視する方・お子様のいる一般家庭の方に人気です。

配達対象区域か

天然水かRO水かを決めたら、目ぼしいウォーターサーバー業者をあたりますが、まず確かめるのは、目的のお水が自分の住んでいる地域へ配達されているかどうかを確認します。

サーバーのデザインやお水、また費用なども納得していざ注文しようとすると配達地域ではなかったということは少なくありません。

沖縄や離島にお住まいの方は当然ですが、北海道、九州、四国にお住まいでも業者によっては配達地域ではない場合もありますので、まずは配達対象地域かどうか確認をしましょう。

コスト面(ランニングコスト)

ウォーターサーバーの導入で必ずかかってくるコストが水代電気代です。サーバーのレンタル料金やメンテナンス料金は、無料のものと有料のものがあります。

水代(必須)
電気代(必須)
サーバーレンタル代(無料あり)
サーバーメンテナンス代(無料あり)

このほか、一定期間内の解約時は解約金・違約金が発生する場合もあります。

水代

水の価格は、一般的に天然水よりもRO水が安くなります。家族構成や生活スタイルから必要な水の量(ボトルの本数)を割り出し、水の料金を算出します。尚、近年は、RO水において、ご家庭の水道とサーバーを直結し、水道水をろ過するタイプのウォーターサーバーもあります。この場合は、ご家庭の水道料金のみでいわゆるお水代はかかりません。

電気代

電気代についてはサーバーごとに若干異なりますが、月額500〜1000円前後が目安です。家庭用の一般的な電気ポット1台分の電気代と同じくらいです。電気ポットからは冷水は出ませんので、ウォーターサーバーの方が経済的と言えるでしょう。

最近では、電気代を抑えるエコモード(省エネ機能)を搭載した商品も普及しています。

サーバーレンタル代

ウォーターサーバーのレンタル料金は無料のところと有料のところがあります。一般的にサーバーのレンタル料金が有料の場合は、お水代が安くついたり、サーバーメンテナンス料金が無料だったりします。

サーバーメンテナンス代

サーバーのメンテナンス料金は無料のところと有料のところがあります。一般的にサーバーのレンタル料金が無料の場合は、サーバーメンテナンス料金が有料だったりします。

トータルコストで算出

一般的にはお水代が安い場合は、サーバーのレンタル料金やメンテナンス料金が発生し、サーバーのレンタル料金やメンテナンス料金が無料の場合はお水代が高くなります。

結局のところウォーターサーバーのレンタルにかかるトータルの費用はあまり変わらず、水代、レンタル代、メンテナンス代のトータルで回収されることになります。

ランニングコストの算出は、想定される水の必要量から水の料金を算出し、サーバーのレンタル代やメンテナンス費用を足して月額にかかる費用を割り出します。

お水代や電気代、サーバーレンタル料などの具体的な費用(ランニングコスト)の算出の仕方はそれぞれのウォーターサーバー利用料金シミュレーションで確認することができます。

ウォーターサーバー業者の信頼性

日本にウォーターサーバーが普及して10年以上が経ちます。市場は乱立状態で多くの会社がウォーターサーバーの販売に乗り出しています。

サーバー本体のレンタルや水の宅配から回収、メンテナンス、導入後のアフターフォローまでサービス面で信頼できる会社を選びます。

当サイトでは、予め信頼性の高い業者を厳選しています。

利便性

ボトルの後処理

ウォーターサーバーを実際に導入して手間になるのが、ボトルの後処理です。
ボトルの処理タイプには、
回収型のリターナブル方式(ガロンタイプ方式)と
使い捨て型のワンウェイ方式
があります。

ガロンタイプ

ワンウェイタイプ

硬いプラスチックのガロンタイプのボトルは、飲み終わった空きボトルを業者が回収して再利用される方式のボトルタイプです。業者に回収されるまで保管スペースが必要になります。

柔らかいワンウェイタイプのボトルは、使い切りタイプで飲み終わった後、自分で破棄(ごみ処理)することができます。

それぞれのタイプでメリット、デメリットがありますので、各々の生活スタイルに合わせて選択します。

また、サーバー設置にはサーバースペースの確保が必要となります。最近は場所をとらない省スペース型も豊富ですのでお部屋に合わせて選ぶとよいでしょう。

水の注文ノルマ

殆どのウォーターサーバー業者は、毎月、これだけのお水の注文はして下さい、という「お水注文のノルマ」を設けて収益のバランスをとっています。中には水の購入ノルマが無いウォーターサーバーもありますので、ノルマが気になる方は参考にして下さい。

水道直結型のウォーターサーバー

近年、次世代のウォーターサーバーと言われる水道直結型のウォーターサーバーが注目を浴びています。水道直結型のウォーターサーバーとは水道水をサーバーでろ過する方式のウォーターサーバーです。

お水の注文、宅配、受け取り、また、ボトルを置くスペースやボトルの廃棄処理といったことも必要なく、お水の料金も水道料金のみとなりますので、使う水の量が多ければ多いほど経済的にもお得になります。

RO水をご希望でお水を使用する量の多い方は検討の価値があります。

尚、これら、ウォーターサーバー選びのポイント要素は、ウォーターサーバーの比較でランキングを決定する上で比較項目として取り入れています。
 

関連記事
ウォーターサーバーの基本性能
温水・冷水機能、省エネモード、チャイルドロック機能などウォーターサーバー本体の基本性能について解説しています。
記事を読む

おすすめ水素水ウォーターサーバー
水道水またはRO水などを水素水キットを使ってその場で水素水を生成するおすすめのウォーターサーバーを紹介しています。
記事を読む
  

天然水ウォーターサーバー

フレシャス
コスモウォーター
プレミアムウォーター
天然水ウォーターサーバー一覧
  

RO水ウォーターサーバー

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
RO水ウォーターサーバー一覧

水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型のウォーターサーバー
ウォータースタンド
CoolQoo
ウォータースタンドとクールクーの比較
CoolQooがお得になる水の量
  

水素水ウォーターサーバー

水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
ミネラルの含有量で比較
溶存酸素量で比較
水のノルマのあるなしで比較
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 ウォーターサーバーの選びのポイント All Rights Reserved.