ウォーターサーバーを水の価格で比較

ウォーターサーバーの導入で気になる宅配水の価格。

ここでは、ウォーターサーバー各社のお水にかかる費用を比較しています。

お水の価格で比較して選ぶ場合の参考にして下さい。

ウォーターサーバーを水の価格で比較

天然水とRO水では水にかかるコストが異なるため、一般的にはRO水の方が安くなります。

ここでは、人気のあるウォーターサーバーを天然水・RO水別に宅配水の価格で比較し、安い順からランキング表示しています。

※水の価格の算出の仕方(価格は全て税別です)
※最低注文単位のお水の合計費用と1ℓ換算を割り出しています。

水の価格:天然水部門

ウォーターサーバー ボトル容量
価格
最低
注文単位
合計費用
(1ℓ換算)
信濃湧水 12ℓ
(1,500円)
2本
(24ℓ)
3,000円
125円
アクアセレクト 8ℓ
(1,330円)
11.35ℓ
(1,450円)
3本
(24ℓ)
2本
(22.7ℓ)
3,990円
166円
2,900円
128円
富士桜命水 11.5ℓ
(1,550円)
9ℓ
(1,350円)
2本
(23ℓ)
2本
(18ℓ)
3,100円
135円
2,700円
150円
プレミアムウォーター
(PREMIUM3年パック)
12ℓ
(1,806円)
2本
(24ℓ)
3,613円
151円
うるのん 12ℓ
(1,898円)
2本
(24ℓ)
3,796円
158円
コスモウォーター 12ℓ
(1,900円)
2本
(24ℓ)
3,800円
158円
フレシャス富士 9.3ℓ
(1,506円)
7.2ℓ
(1,155円)
4.7ℓ
(925円)
2本
(18.6ℓ)
4本
(28.8ℓ)
4本
(18.8ℓ)
3,012円
162円
4,620円
160円
3,700円
197円

天然水部門の最安値

天然水部門で水が最も安いのは、北アルプスの矢沢水源を原水とした信濃湧水です。

水の価格:RO水

ウォーターサーバー ボトル容量
価格
最低
注文単位
合計費用
(1ℓ換算)
アルピナウォーター 12ℓ
(1,050円)
3本
(36ℓ)
3,150円
88円
アクアクララ 12ℓ
(1,200円)
2本
(24ℓ)
2,400円
100円
クリクラ 12ℓ
(1,227円)
2本
(24ℓ)
2,455円
102円

RO水部門の最安値

RO水部門で最も水が安いのは、長野県北アルプスの湧き水である天然水を逆浸透膜(RO膜)を通して作られたデザインウォーターであるアルピナウォーターです。

RO水のウォーターサーバーには、家庭の水道に直結して水道水をその場で濾過するタイプのものもあります(水道直結型ウォーターサーバー)。

この場合は、お水代は水道代だけです。

水道料金は、12ℓのボトルに換算すると3円ほどなので、お水代として特に計算にいれなくてもよいほどわずかな料金となりますが、サーバーレンタル料が数千円かかってきますので、その料金を加味して比較する必要があります。

但し、飲む量が多ければ多いほどお得になりますので人数の多いご家庭や社員のいるオフィスなどの場合は圧倒的に安くなる場合もあります。

参考:水道直結型(ノンボトル)ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを水の価格で比較のまとめ

以上、ウォーターサーバーの水の価格で比較してみました。

できるだけ安いウォーターサーバーをと考える場合、水をたくさん飲む・使う人は、水の価格がランニングコストに大きく影響してきますが、そうでもない人は、サーバーのレンタル代やメンテナンス代、また、配送料といったものにも目を向ける必要があります。

サーバーのレンタル代や配送料、電気代のトータルで月々のランニングコストをシミュレーションしたページもありますのでそちらも参考にして下さい。

関連記事

ウォーターサーバー選びで気になることの一つがランニングコスト(月額の費用)です。 そこで、ここでは、特に人気のあるウォーターサーバーで家族構成ごとに月々かかる費用をシミュレーションしてみました。 ウォーターサーバー選びの参考にし[…]

ランニングコスト(月額の費用)で比較するウォーターサーバー