ウォーターサーバーの比較

水道直結型のウォーターサーバー

  1. ウォーターサーバーの比較
  2. 水道直結型のウォーターサーバー

ウォーターサーバーというと、ウォーターサーバーの本体をキッチンなどに設置して、お水は定期的に配達してもらうというイメージがあります。

天然水の場合は、家庭では作れないためどうしても配達してもらう必要が出てきますが、RO水の場合は、次世代のウォーターサーバーということで、水道とウォーターサーバーを直結し、家庭の水道水でRO水を作り出すというウォーターサーバーも販売されています。

配達するボトルが必要ないため一般的にノンボトルウォーターサーバーと言われています。

単純に、水道直結型のウォーターサーバーと浄水器とどう違うのかという疑問もわいてきますが、ウォーターサーバーは普通の浄水器では除去できない微小なウィルスや細菌、ダイオキシンなどの環境ホルモン、放射性物質、重金属などをほぼ完璧に取り除くことができる上、温水・冷水がすぐに楽しめるというメリットがあります。

サーバーの取り付け作業や水道との直結作業は、サービススタッフが行い、通常、1時間もあれば終了します。分岐水栓を取り付けるだけなので現状復帰も簡単にできますし、賃貸住宅でも安心して取り付け可能です。

近年は、宅配水形式のウォーターサーバーからの移行も増えています。

参考:ウォーターサーバーと浄水器の違い

水道直結型のウォーターサーバー

ご家庭の水道とウォーターサーバーを直接繋いでその場でおいしい水やお湯を作る水道直結型のウォーターサーバー(ノンボトルウォーターサ−バー)は、ご家庭の水道料金以外のお水代はかかりません。

これにより、料金がウォーターサーバーのレンタル料金のみという定額制のウォーターサーバーを実現させています。

定額制ウォーターサーバーにすることで次回の配達日までのボトルの残量やお水の費用を気にすることがなくなりますので気分的にも解放感があります。そういったことを気にすることなくお水やコーヒー・お茶などを飲んだり、料理に使ったりすることができます。

水道直結型ウォーターサーバーのメリット

水道直結型ウォーターサーバーのメリットとしては次のようなものがあります。

お水受け取り・交換の手間から解放される

宅配業者からのお水の受け取り、空ボトルの引き渡し、また、ボトルの交換など、重くて面倒なことから解放されます。勿論、お水の在庫に気を使う必要もなくなります。

ウォーターボトル容器の置場所が必要ない

RO水のウォーターサーバーでは、ガロン式(硬いプラスチック素材でできたもので、飲み終わった空きボトルを業者が回収して新しいボトルと交換するタイプ)が主流ですが、ボトル置き場のスペースが必要となるのがネックです。

ガロンタイプのボトル

その点、ボトルが必要ない水道直結式のウォーターサーバーでは、ボトルを保管するスペースは必要ありません。また、ワンウェイボトル(伸縮するタイプで使用することで小さくなるボトルタイプ)の場合は、ゴミ処理が必要になりますがこれも必要ありません。

使用するお水の量が多ければ多いほどお得

お水を注文するタイプのウォーターサーバーは当然のことながらお水を注文するたびに料金が発生する従量制です。使えば使うほど料金がかかります。

これに対して水道直結型のウォーターサーバーは、水道水を使いますので従量制とはいえ、殆ど費用がかかりません。地域で異なりますが、3ℓ使っても1円程度です。

例えば一般的なご家庭(4人家族)で使うお水は飲用と料理を合わせると月に約300ℓですが、その場合の水道料金は、東京都でも100円とかかりません。

家族の人数が多い場合、オフィスや店舗、フィットネスクラブなどで大量に水を消費する場合は圧倒的にランニングコストが安くつきます。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

水道直結型ウォーターサーバーのデメリットとしては次のようなものがあります。

使用するお水の量が少なければ損

飲むお水の量が少ない場合、また、極端な場合、お水を飲まない場合でもサーバーのレンタル料が発生します。サーバーのレンタル料だけを比較するとろ過装置を内蔵していない宅配水のサーバーレンタル料が安くなります。

ランニングコストを重視したい場合は、従来の宅配水による従量制のウォーターサーバーと水道直結型のウォーターサーバーでシミュレーションをしてみることをおすすめします。

天然水はなし

水道直結型なので天然水ではありません。従ってRO水としての選択肢の一つとなります。

配線が必要になる

水道と直結するため水道とウォーターサーバーの配線が必要になります。配線は専門業者が行いますが、配線が長くなると見栄えの問題が出てくる場合があります。

おすすめの水道直結型ウォーターサーバー

現在、人気のあるおすすめの水道直結型のウォーターサーバーには、ウォータースタンドとCoolQooがあります。

ウォータースタンド

ウォータースタンドのサーバー

ウォータースタンドは、冷水・温水に対応した通常のサーバーレンタル料金が月額3,980円からの定額制ウォーターサーバーです。スタンド型、卓上型から選べます。

水道水の中の有害物質を99.5%除去すると言われているナノトラップフィルター方式のウォーターサーバーと、ナノトラップフィルターでは除去できないミネラルやダイオキシン、ホルムアルデヒド、ヨウ素・ウランなどの放射性物質も除去できる逆浸透膜(RO)方式のウォーターサーバーの2種類を用意しています。

水中の不純物を限りなく取り除きます。特に逆浸透膜(RO)方式はミネラル成分まで除去して純粋を作りますので赤ちゃん用のミルクやり離乳食にも安心して使えます。

参考:ウォータースタンドの詳細

Coolqoo(クールクー)

Coolqooのサーバー

CoolQooは、通常のサーバーレンタル料金が月額4,900円からの定額制ウォーターサーバーです。スタンド型、卓上型から選べます。

ウォータースタンド同様、水中の不純物を限りなく取り除き、純水を造ります。ろ過能力がRO膜より少し劣るUFろ過コースはミネラル成分を残すことができます。

参考:CoolQoo(クールクー)の詳細

まとめ

RO水を選ぶ場合、従量制のウォーターサーバーと比較してメリットの方が多い水道直結型のウォーターサーバーは年々需要が増えています。

ランニングコストが安く、テレビでも国仲涼子さんを起用したCMを展開しているウォータースタンドも人気がありますが、安定したサービスを展開するCoolQooにも人気があります。

ウォータースタンドは、サービスの提供エリアが関東中心でしたが、日々、全国展開が進んでいるようです。公式サイトではサービス対象エリアの更新が追い付いていないのでお電話かメールで確認してみて下さい。

ウォータースタンドとCoolQooとの詳細な比較は下記のページでまとめています。

参考:ウォータースタンドとクールクーの徹底比較
 

  

天然水ウォーターサーバー

フレシャス
コスモウォーター
プレミアムウォーター
天然水ウォーターサーバー一覧
  

RO水ウォーターサーバー

クリクラ
アルピナウォーター
アクアクララ
RO水ウォーターサーバー一覧

水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型のウォーターサーバー
ウォータースタンド
CoolQoo
ウォータースタンドとクールクーの比較
CoolQooがお得になる水の量
  

水素水ウォーターサーバー

水素水ウォーターサーバー
 

menu

ウォーターサーバー選びの基本
ウォーターサーバー導入のメリット
ウォーターサーバーの基本性能
ウォーターサーバーの選び方
各要素で比較
水の採水地で比較
水の価格で比較
電気代で比較
月のランニングコストで比較
サーバーのデザインで比較
ボトルの種類で比較
水の硬度で比較
ミネラルの含有量で比較
溶存酸素量で比較
水のノルマのあるなしで比較
無料で試せるウォーターサーバー
ウォーターサーバーの導入・使用
ウォーターサーバーの設置場所
お申込みから設置までの流れ
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーの口コミ一覧
ウォーターサーバーのトラブル
ウォーターサーバーの解約
水の知識
水の大切さ
天然水とRO水の違い
硬水と軟水の違い
ミネラルウォーターと
 ピュアウォーターの違い
ウォーターサーバーと浄水器の違い
非加熱処理の天然水
水の性質「pH」
ミネラル不足なら天然水
赤ちゃんとウォーターサーバー
宅配水に含まれるミネラル
水の賞味期限
その他
当サイトについて
サイトマップ

Copyright (C) 2013 水道水直結型のウォーターサーバー All Rights Reserved.